スポーツ

【論文】スポーツマネジメントの概念の再検討 SPORTS

  • 閲覧数:19

スポーツマネジメントの概念の再検討
松岡 宏高 早稲田大学スポーツ科学学術院

要旨
スポーツマネジメントの分野は急速に拡大しており、今ではスポーツ産業のさまざまな側面が含まれています。
スポーツビジネスの研究者や実務家は、スポーツマネジメントの概念についてさまざまな解釈を提供してきました。しかし、「スポーツマネジメントで何を研究し、教えるべきか」という質問には答えられていません。本論文は、科学としての存在の重要性を説明するために、スポーツマネジメントの概念を再検討することを試みました。 「スポーツ」のどの側面がスポーツマネジメントの分野で、ターゲットになり得るかを明らかにするために、著者はスポーツ産業の構造をレビューし、スポーツ自体の生産(すなわちスポーツ活動)がスポーツ産業の中心であると結論付けました。
スポーツマネジメントの特徴を明らかにするため、スポーツ商品の独自性についても検討しました。論文で議論されているように、スポーツ管理は「参加者スポーツおよび/または観戦スポーツの生産と提供に関連するビジネスの管理」として定義することができます。

文献をDL