社会問題

【論文】「フェアトレード贈与」が導く階層的関係の構築 SOCISL

  • 閲覧数:3

「フェアトレード贈与」が導く階層的関係の構築
―ラオスにおける民衆交易/フェアトレードコーヒー取引の事例から―
箕曲在弘 東洋大学

要旨
この論文では、ラオスのボラヴェン高原(人民民主共和国)でのフェアトレード活動を通じて、開発ブローカーと受益者の間で後援と階層がどのように構築されているかを検証します。著者は、これらの開発慣行に関連する影響を調査します。提供された事例は、日本のフェアトレード会社によって実施された農民協同組合の再建を目的としたフェアトレードプロジェクトです。グローバルサウスの恵まれない生産者と労働者が持続可能な生活を送ることを可能にするパートナーシップを構築することを目的とするフェアトレードは、市場取引に道徳をもたらします。 (寄付や慈善ではなく)市場経済に依存しているにもかかわらず、フェアトレードは社会開発の分野における正統な概念である「エンパワーメント」と「パートナーシップ」を強調しています。このスキームでは、すべての関係者が相互に社会的関係を構築および維持し、買い手と売り手の間の前向きな相互関係を確保する必要があります。マルセル・モースは、彼の独創的な作品「贈与論」の中で、贈与論は贈与者と受取人の間につながりを生み出し、それが後援と依存の不平等な力学をもたらす可能性があると主張しています。

モースの贈答品交換理論に基づいて、Stirat and Henkel(1997)は、グローバルノースの人々からの純粋な贈答品のように見える寄付が、国際開発非政府機関( NGO)。彼らは寄付を「開発ギフト」として概念化する一方で、この論文は「フェアトレードギフト」のアイデアを提案します。つまり、フェアトレードプロジェクトの文脈で資金がどのように利用されるかを探ります。一方向の贈り物の現象内での交換の道徳性のモースの決定とは対照的に、フェアトレードの贈り物は、市場取引内の贈り物の要素を決定するための視点を提供します。この論文は、市場交換がギフト交換に変換されるレトリック(前払い、社会的保険料、人件費などの日本のバイヤーの資金の開発ブローカーとして機能する協同組合の代表者によって解釈される)に焦点を当てて、フェアトレードギフトは、最終的には階層的なパトロンとクライアントの関係の構築に影響を与えます。つまり、開発ブローカーは、平等な「パートナー」ではなく、クライアントとしての受益者の期待に応えるための常連客としての役割を果たします。

文献をDL