社会問題

【動画講義】カンボジア 内戦の傷跡とスタディツアー 社会問題#06

  • 閲覧数:4

1993年まで続いていた内戦では、1975年4月クメール・ルージュの指導者であるポル・ポトは、理想的な自給自足の生活を営む事を目的として、都市居住者、資本家、技術者、学者・知識人などから一切の財産・身分を剥奪し、郊外の農村に強制移住させた。
高度な知識や教養はポル・ポトの愚民政策の邪魔になることから、殺害されました。眼鏡をかけている者、文字を読もうとした者、時計が読める者など、少しでも学識がありそうな者は片っ端から殺害されたといいます。その結果国民の25%以上がクメール・ルージュ支配の数年間に減少しました。
1975年4月クメール・ルージュの指導者であるポル・ポトは、理想的な自給自足の生活を営む事を目的として、都市居住者、資本家、技術者、学者・知識人などから一切の財産・身分を剥奪し、郊外の農村に強制移住させた。
高度な知識や教養はポル・ポトの愚民政策の邪魔になることから、殺害されました。眼鏡をかけている者、文字を読もうとした者、時計が読める者など、少しでも学識がありそうな者は片っ端から殺害されたといいます。その結果国民の25%以上がクメール・ルージュ支配の数年間に減少しました。
「資本主義の垢にまみれていないから」という理由で親から引き離して集団生活をさせ、10代前半の少年兵を多く操っていました。カンボジア内戦が集結した1993年当時15歳(2021年現在40歳〜50歳)は、内戦の記憶を鮮明に持っており、クメール・ルージュの少年兵として、虐殺を行っていた可能性もあります。
そんな内戦の後遺症が残るカンボジアの実情と、大学生を中心に行う、スタディツアーの内容を説明します。

動画講義を見る